言語活動       《 Language Activity 》

長い夏期講座の前半が終わる日、3学年合同でアクティブラーニング形式の学習を行いました。

教員による一方的な講義形式ではなく、生徒が能動的な学習をすることで、知識・教養・経験などを含めた汎用的能力を養います。

プログラムは4つ。すべて3年生をリーダーとするグループで行いました。

☆プログラム1番☆

オリエンテーリング形式で問題を解き、班ごとの点数を競いました。

問題は教科をまたがったもの(例えば英語と国語、科学と国語、古典と国語など)

思考力を必要とするものなどを用意しました。

3学年合同の班編制のため、最初はぎこちなく動いていた生徒たちも、終了時間が迫ると、慌ただしさの中に協力体制が生まれ始めました。

頭がほぐれてきたところで・・・

☆プログラム2番

漢字検定協会の「漢字コンクール」を利用して、短文作成能力を鍛えるプログラムを行いました。

誰に、どのような気持ちを贈りたいのかを考え、その気持ちにあった漢字を選び、

その気持ちを120字以内で表現します。

友達と相談したり、漢和辞典を引いたりしながら完成させました。

☆プログラム3番

次は脳の処理能力向上、活性化を図るため100マス計算リレーを行いました。

ちょっと白熱したので・・・写真を撮るのを忘れてしまいました・・・!

完全文系で数学からはなれて久しい3年生は苦戦。ここは1年生が良い仕事をしました。受験には正確かつすばやい思考が必要。自分を見つめ直しましょう。

☆プログラム4番

言語能力の向上を目指してクロスワードパズルに取り組みました。

クロスワードの中でも、ひらめき重視のタイプ、語彙力重視のタイプ、漢字力タイプの3つを組み合わせてあります。班員が、それぞれの特性を生かして協力し合って解いていきました。

相方の先生がこっそり持って…?…クロスワードが好きだそうです(笑)

最後に、コース長からの差し入れを全員でいただき、各プログラム勝利者へのご褒美もいただき、夏休みの講座を頑張った自分たちをねぎらって、お開きとなりました。

 

授業において一方的に知識を受け取るのとは違い、

自分たちで協力し合って考え、調べ、刺激しあう。学びの楽しみの1つですね。

知的好奇心を大事に、頭を柔らかく保つことは、受験だけでなく人生でも大事だと思います。

さいごに…

この顔の秘密は…参加者にのみわかります(笑)

では暑さに気を付けて、楽しい夏休みをお過ごしください!

大学見学会

特進選抜コース独自の行事、大学見学会。

気温37℃を超える猛暑ではありましたが、忙しくも午前中は我が精華高校のオープンスクールに参加、午後からは大学のオープンスクールに参加して参りました。

今年度第1回目の大学見学会は「立命館大学(茨木キャンパス)」。

立命館大学ではちょうど、オープンスクールをされているということで、イベントや各種説明会が開かれ、また高校生向けの説明ブースも設置されておりとてもよい機会でした。

とても大きい大学で、どこから見て回れば良いのか・・・

すると、大学生の人たちのサポーターの人々が案内してくださるとのこと、まずはお任せで構内を回ってみることにしました。

施設の説明から発展して、様々なお話をしてくださったり、質問へ答えてくださったりしました。一例を挙げると・・・

・高校の時いつから本格的に勉強されましたか?

・大学・学部を選んだ最後の決め手は何でしたか?

・大学で友達を作るのは難しい?

・大学生の一日って?

・一番勉強していて良かったと思う教科は?

・高校の時に何をしておけば良かったと思いますか?

・就職の時に大学名は有利に働きましたか?

などなど、有意義な質疑応答が交わされました。

ある1人の生徒がぽろっと漏らしたところによると、「先生に言われるよりもなんだか心に響いた」とのこと。ちょっと悔しいけど、行って良かった良かった。

これから、自分の目指す大学のオープンスクールに一人で参加する機会も増えるかと思います。まずは、大学の雰囲気をつかんで怖じ気づかないこと。次にどのようなところを見て調べてくるべきかこのような機会に学んでいきましょう。

案内してくださったHさんも「実際にオープンスクールに行かないと大学の雰囲気はわからない」とおっしゃっていましたね。

自分の目指すものを明確にしていきましょう。

 

 

 

勉強合宿(感想文)

最終日、全員に書いて貰った感想文を掲載します。

・・・・・・・・

3年間の勉強合宿を終えて、長かったなと思うし、短かったとも思います。特に今年の勉強合宿はもの凄くハードで沢山勉強することができました。夏休みのはじめに合宿がスタートして生活習慣がきちんと決まっていたので、このまま夏休み中も維持して過ごしていきたいと思います。/この三日間で普段の学校生活では経験できないことが沢山あり、自分の欠点も気づきました。80分授業が連続で行われ、自分の集中力のなさが身にしみて感じました。なので、この勉強合宿で経験したことを明日から生かして、毎日大切に過ごしていきたいと思います。/最後にY先生とK先生3年間合宿で授業してくれてありがとうございました。K先生2年間ありがとうございました。(3年 A・Dさん)

高校3年間で最後の勉強合宿が終わりました。合宿を終えて思ったことは普段からの勉強量が足りないと感じました。でもこの勉強合宿でほとんど一日中勉強していたので、家でもこれくらい勉強していこうと思いました。勉強合宿で、英語力や日本史の知識の量が足りないと感じたので家では日本史と英語を重点的にして、9月にある模試で良い判定をとれるようにしたいです。/勉強合宿での勉強はしんどかったけど、それとは反対にビーチバレーやバーベキューはとても息抜きになりました。なのでこれだけ多かった勉強も頑張ることができたと思います。勉強合宿を計画してくれた先生たちやお世話になった施設の方にもとても感謝で一杯です。この勉強合宿を機にこの夏休み、追い込むつもりで勉強したいと思います。先生たちの恩返しや自分おためにも自分の目標とする大学に進学できるようにもっともっと勉強時間を費やしていきたいと思いました。(3年 T・M 君)

今回の勉強合宿で様々なことを学びました。まず、勉強の大切さです。元々勉強が大切なことは理解していましたが、このような機会があって、もっと勉強するべきだと思いました。眠たかったり、疲れたりしていたけど最後までやり遂げて良かったです。100問テストは漢字の方はあまりできなかったけど、英単語の方はできたと思っています。やはり勉強したか、してないかで変わると思いました。/もう一つはクラスメイトとの仲が深まったことです。一緒に勉強したり、寝たり、食事したりと行動を共にすることで仲が深まったと思います。例えば、バーベキューでは食事だけでなく、お互いに協力し合って一つのことをしました。気遣いなどをしあって、お互いのことをもっと知ることができて良かったと思います。他にも2年生だけでなく1年・3年生とも関われました。ビーチバレーでは3年生と一緒にやって楽しむことができました。/この勉強合宿はこのようにいろいろなことを学んだりすることができる機会を与えてくれました。これからも勉強だけでなく他のことも頑張っていきたいと思っています。(2年 S・I  君)

僕は勉強合宿に参加するのは初めてでした。クラスの子からつらいなどと聞いていたので不安でしたが、意外と楽しく過ごすことができたと思います。男女でも話す様子が多く見られたので勉強合宿のおかげだと思います。泊まりで何かをやると友達同士の仲が深まることができよいと思います。みんなで沢山話して沢山笑うことができました。BBQやビーチバレーで学年関係なく交流することができて良かったです。青春してるなと感じました。みんながいなければ2泊3日も過ごすことができなかったと思います。仲間の大切さに改めて気づくことができました。普段学校で話さない人と会話できて嬉しかったです。/勉強面では、1日目・2日目は寝ることなく集中して取り組むことができました。しかし3日目は疲れもあったのか眠ってしまう場面があったので、来年は3日間しっかりと集中できるように1年間で集中力を長続きできるよう頑張りたいです。勉強合宿で70分・80分の授業を乗り越えることができたのは自分にとってプラスになったと思います。家でもコツコツやって定期テストで良い点数をとれるよう努力していきたいと思います。来年の勉強合宿の時は成長した姿で戻ってこられたら良いなと思います。勉強合宿を通して勉強への意欲が高くなったと思います。感謝です。学校の講座も頑張りたいです。(2年 Y・I  君)

勉強合宿を振り返ってみると、来る前はとても嫌でした。理由は勉強について行けるか不安だったし、3日間も勉強ばかりでやっていけるか心配だったからです。でも、来てみたら講座はしんどかったけれど楽しかったし、友達とも仲良く勉強したりお話したりできて、私的にはとても楽しい勉強合宿になりました。いろいろ、疲れたり気分がよくなかったときもあったけど、友達が支えてくれたおかげで3日間やっていけることができてよかったと思います。/勉強合宿で学んだ勉強や知識を生かして夏休みの講座で頑張れたらいいなと思います。8月から講座やECCの勉強会もあるので、自分の力を精一杯出し切ってまた定期考査でよい点数をとれたら良いし、100問テストも上位を狙いたいなと思っています。/今回この1年生で勉強合宿にいけて本当によかったです。来年もこのメンバーでいけるように頑張りたいです。(1年A・Oさん)

この勉強合宿によって、私の勉強に対する価値観が大きく変わったことが、合宿の一眼よかったことだと思っています。/まず、自分はあまり勉強というものに対し、余り関心・意欲がなく、集中もできていなかったのですが、この小さい空間で数教科の授業を取り組んでいるうちに、だんだん、その欲が出てきたようにな気がします。特に、授業中、いつも寝そうになる現代文がとても楽しくてすべて解いた後に先生が見回り、自分の疑問に答えてくれたときの納得感ややりきった感が現代文だけでなく、古典・英語表現にも現れて日を追うにつれ勉強というものが楽しく、やりがいのあるものなんだと、やっと気づいたような気がします。/勉強以外でも、人間関係において大きく変わった、深まったような気もします。自分を含めた男子3人は当然同じ部屋にいるわけですから、話すことも一緒に行動することも多く、より一層仲が深まった気がします。/女子ともこの合宿を通じて会話や行動することが多かったです。ピアノがうまい人がいたり、BBQで意外な人が取り仕切ったり知らなかったところをしることができて自分としてはとても楽しかったです。/他に一番楽しかったのは人生初めてのBBQでした。まず、焼くところが近づくだけで驚くほど熱くて、軍手をしてもやけどしそうなくらいで、けれど、その中で頑張ってはいた肉はとてもおいしくて、皿がなくて、コップにタレをつけるという斬新な発想にも笑いました。/今回の勉強は、自分的には思っていた何倍も楽しく、できれば来年もまたしたいです。そのためにも、もっと勉強を頑張ろうと思いました。(1年R・N君)

勉強合宿!!

7月28・29・30日、泉南郡淡輪にて、勉強合宿を行いました。

開校式。これからの3日間への緊張と不安からか,硬い表情で注意事項を聞いています。

勉強は1日平均、80分の授業が5つ、自習時間、100問テストと9時間にわたります。いつもと違う雰囲気の中真剣に取り組みます。

休み時間は・・・

なるべく携帯を使わない遊びを・・・ということで古典的にカードゲーム。せっかくの合宿ですから、勉強において切磋琢磨することももちろんですが、向かい合ってお互いの顔を見ながら親交を深めていく良い機会ですね。  

学校からも、先生が陣中見舞いを持って激励に来てくださいました。

ほっこり幸せタイム。甘いものが身にしみる~!幸せ!

そしてまた勉強。

2日目、そろそろ勉強に気が滅入りそうな午後。

待ちに待ったお楽しみタイムです! いざ海へ!

台風で中止も危ぶまれましたが、みんなの勉強への取り組みに神様がご褒美をくれたのか警報も消え、夏の良い日差しの中、散策に出かけることができました。

ビーチバレーボールに、学年対抗の「砂のお城」作り、そばの公園の遊具、海をひたすら眺めたりなど、しっかりリフレッシュしました。

さらに、夕食は・・・BBQです!

焼いたり食べたり話したり。クラスがぐっとまとまったように思います。

鉄板奉行登場! 焼きマシュマロが大好評でしたね!

そして最終日。

最後の夕食は終わった!の開放感あふれる笑顔の食事。

誰1人リタイアすることなく、無事終了しました!

 

この合宿で学んだことは何でしょう。

友人の勉強への姿勢や集中力でしょうか。

自分は結構頑張れる!という自信でしょうか。

合宿途中は無我夢中だったとは思いますが、家に帰って振り返り自分の成長したところ、学んだところをよく考えてみてください。ただ、しんどかった~と思って終わってしまうと、せっかくの成長の芽を忘れてしまいます。自分はどれくらい頑張ったのか、それとも頑張れなかったのか。友人はどのように勉強していたのか。きちんと整理して振り返ることで、成長への一歩が始まります。

また、団体行動での動き方も学んでくださいね。団体行動を何度も経験している高校3年生は、やはりかゆいところに手が届く動きをしてくれました。自分のことだけでなく、全体の動きの中で自分ができるところを考え、進んでやる。そうすることで、団体はスムーズに動くことができます。

何はともあれ、みんな頑張りましたね。次へしっかり生かしましょう!

お疲れ様でした!

 

 

 

クラブ部員活躍中☆

夏になるとどのクラブも活動が活発になります。

特進選抜コースにおいて勉強とクラブの両立を頑張る中、早くも結果を持ち帰ってくれたクラブ部員を紹介します。

陸上競技部では・・・

大阪高校総体地区予選がありました。2年の橋本海飛君は400m・200m・リレーで予選通過。同じく2年の葉山雅善君も3段跳び・リレーで予選通過しました!また、2年・1年の女子3名もマネージャーとして、熱い日差しの中彼らのサポートに力を尽くしました!

美術部では・・・

大阪私学美術展がありました。2年の丈六彩恵さんの『リミット』、山下眞依さんの『表情』が、奨励賞を頂きました!

吹奏楽部では・・・

大阪府吹奏楽コンクール南地区大会がありました。2年の井口綾乃さん、海田真穂さん、1年の岸本優妃さん、中尾隆紀君がメンバーの一員として出場、金賞を頂きました!

他にも、卓球部は近畿大会から帰ってきました。サッカー部も3回戦突破、演劇部は舞台発表終了、女子バスケットボール部、女子バレーボール部、もそれぞれ試合に活躍中です。手芸部は文化祭へ向けて準備に入ります。

暑い中ですが、それぞれの分野で力を尽くしてくれています。

そして!

明日からは学生の本分、勉強尽くし。勉強合宿へ出発します。

 

お~いお茶俳句大賞入選!

昨年12月に応募しました『第29回お~いお茶』の結果が発表されました!

195万4223句の中から

2年 小谷海登 君が入選しました!!

「お~いお茶」の緑のラベルに載る、お馴染みの俳句大会です。

全国から、さらには海外からも応募がある中から、入選したこのはとても素晴らしいですね。おめでとうございます!!

わずか17文字に自分の今の思いを込める。

そのためには、自分の気持ちをよく見つめること、また使う言葉を選ぶことが必要です。でもこれは、日ごろから気を付けたいことでもあります。

「やばい」「すごい」ではなく、もっと細やかな言葉を意識して使ってみるのもいいかもしれませんね。

精華学園祭体育の部

精華学園祭体育の部が開催されました。

1年生はみな、中学校にはない会場の雰囲気に興奮したようです。

とても広いです。

京セラドームの中で全力疾走する経験はそうそうないことかと思います。

事前に作ったクラス旗を持って行進。メガホン・・・生徒が撮ってくれました。写真に雰囲気がありますね!これがインスタ映えでしょうか。

 

今年から始まった赤団・青団・白団の団対抗競技。

騎馬戦は特選3年が、2年特選を攻めています!(笑)

応援合戦も盛り上がりました。

 

 

また、クラス対抗競技もあります。特にリレーが選手・応援ともに白熱しました。

 

閉会式。

なんと! 2年生の特進選抜コースが学年優勝を頂きました!

去年準優勝でしたから、念願の優勝!おめでとうございます!

 

お疲れ様でした!全力を出せましたか?

どんなことでも、一生懸命になる素直さを持ってくださいね。

どのようなことにも興味を持ち一生懸命になれるエネルギーを持つ人が、悔しさも恥ずかしさも嬉しさも楽しさも盛りだくさんな充実した日々を送り、結果として輝いていけると思いますよ。

 

 

以下生徒の感想文です。

高校生最後の体育祭は、3年間の中で1番みんなが輝いていたと思います。何よりも今年から、団ができたことが一番大きかったと思います。団ができたことによって普段関わらない後輩だったり、友達と関わることができ、体育祭まで団のみんなで練習をしてきて本番はとても思い出に残るダンスをすることができて本当に良かったです。そして3年間、京セラドームで体育祭ができて本当に楽しかったです。沢山の思い出を作ることができました。(3年 M・Tさん)

私は体育祭を正直面倒くさいと思っていました。朝は満員電車で潰されるし、すごく暑くてテンションも下がっていました。けれど、開会式を終えて百メートル走が始まるとそんなくらい気持ちも吹っ飛びました。走っている子たちは一生懸命ですごくかっこ良いし、応援している子も大声で叫んでいて、とても盛り上がりました。/私の最初の出場種目は「先生借り物」でした。知っている先生とできれば良いなぁと思っていたら、運良く山田先生と走ることができ、すごく嬉しかったです。/最後のリレーでは、橋本君の活躍によって赤団が1位になったときは、最高に盛り上がりました。/最終的に2年10組が優勝することがでいてとても嬉しかったです。来年も優勝を目指します。(2年 M・Mさん)

昨日の体育祭を一言で表すと、「最高」です。体育祭の2週間前とかはみんなで買い出しに行ってどれが良いかなと考えて買ったり、友達とおそろいでメガホンに飾りをつけたりしてずっと体育祭が楽しみで仕方がなかったです。/体育祭の日になると友達と待ち合わせして、満員電車に乗りました。すごく暑かったけれど京セラに向かっていると思って、わくわくドキドキしていたらあっという間に到着しました。/競技が始まると友達を応援したり、団の応援などもとても楽しそうに踊ってたりしていて来年は団に入ってみようかなと思いました。(1年 S・Mさん)

体育の部準備②

いよいよ明日は京セラドームで精華学園祭体育の部が行われます。

準備として、今日は半日予行が行われました。

それぞれの競技出場者が、説明や体形確認に体育館に集合している間、待機の人は自教室でクラス毎に応援グッズを作成します。

1年生 青団所属

2年生 赤団所属

3年生 白団所属

これといって申し合わせたわけではないのですが、3学年ともメガホンを応援グッズに選んだようです。名前シールを貼ったり、デコレーションしたり。

どのクラスも女子の方がより作成に情熱を燃やしていたようです。

 

次はグラウンドでの競技練習の一コマ。両写真とも高2橋本臨時カメラマン氏の作品。躍動感あふれる良い写真をありがとうございます!

明日は怪我なく全力で楽しみましょう!

先輩が教育実習生として

6月4日より3週間、特進選抜コースの卒業生が教育実習生として精華に戻ってきてくれていました。

今日は、実習も最終日。公開の研究授業を行い、様々な先生のアドバイスや激励を貰って、実習の締めくくりとなりました。

戻ってきたのは、さっぱりときもちのいい、元担任を手のひらの上で転がすユーモアあふれる女性でした。

またとないチャンスですので、後輩に向けて原稿を頂きました。以下掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・

特進選抜コースの皆へ

私が精華高校を卒業し5年の月日が経ちましたが、今回6月から3週間教育実習生として精華高校に再びお世話になっています。今日は私が、特進選抜にいたころの話を・・・

私は山田先生が初めてこの精華高校に赴任してきた時の生徒で、クラスの人数は13名、更に3年間クラス替えも無いというおまけに担任は強面やし・・・まぁかなり驚き、こんなところで3年間やっていけるのだろうかと最初は思っていました。

当時、特進選抜では吹奏楽部のみ部活動に入ることが許されており吹奏楽部に所属していた私は、講座も勉強合宿にもなかなか参加できませんでした。

しかしまぁ終礼のはやいクラスでいつも一番に音楽室についていました。今回、教育実習で終礼をする機会が何度もありますが、「あれ、終礼ってどんなんやった・・・?」ともなりました(*^▽^*)笑

でも、“とにかく明るい山田先生”だったのでクラス内でなにか問題が起きることもなく3年間皆勤賞の生徒も私を含め何人もいました。本当に充実した3年間で、クラスメイトとは卒業した今でも年に一度集まって食事会を開いていますし、旅行にも行ったりしています!ただ、山田先生を誘って来てくれたことは一度も無いのですが・・・

特進選抜は他のコースとは違い、1年生の時から進学に向けて勉強していくのでしんどいと思うことや、大変な時期もやってくると思いますが、それを乗り越えた糧は必ず将来役に立つはずです!!たまには息抜きもしながら特選ライフを謳歌してください!

平成23年 4月 入学

平成26年 3月 卒業

卒業生  貝渕 文香

(1枚目:右)(2枚目:右から2人目)

・・・・・・・・・・・

ありがとうございました!これからも様々なことを乗り越えて充実した日々を送ってください!輝かしい将来があらんことを!

文化鑑賞

先週の土曜日、ビッグアイにおいて文化鑑賞を行いました。

演劇ユニット「柿喰う客」さんによる、『人間失格』と『変身』の二本立てを観劇しました。

『人間失格』は一人芝居。登場も客席真ん中の扉から、幕も上がらず役者さんがマイクを持ったまま始められたので、劇が始まっているとなかなか気づけなかった人もいたようです。

演者自身の過去を話していると感じた人もいたようです。小説が現実味を帯びて感じられた瞬間だったのではないでしょうか。想像力を働かせて小説を読むきっかけになれば良いですね。

『変身』は高校2年生で教わる「山月記」から始まって、高校1年生で教わる「羅生門」がつながり、メインにフランツ・カフカの「変身」をおいて、最後は漢文で習う「胡蝶の夢」で終わるという、高校生向けの内容でした。3年生は十分楽しめたようですが、1年生はどうだったでしょうか。

この文章を知っている!と思うだけでなく、何故この文章が選択され組み合わされたのか、その共通性に考えを深めてもらえればと思います。

いろいろな体験をきっかけに学びを深めていきましょう。

 

以下に特進選抜コース3年の感想を少し載せておきます。

○学校の内容で教わった山月記と羅生門の話は勉強していたので理解することができ、とても楽しかったです。残りの内容はとりあえず聞くので精一杯でした。最初の人間失格はとても怖い内容でしたが、その一方でとても興味が持てる内容でした。(T・M君)

○羅生門や山月記が演じられていると気づいたときとても面白く思いました。3人の劇が特に役の演じ分けがはっきりしていてわかりやすく、迫力があって、ドキドキしながら見ていました。声まで使い分けていてすごいと思いました。1人で人間失格を演じたのも面白くて、帰宅後ネットで調べてみたりしました。(M・Mさん)

○人間失格を行うとは聞いていたけれど、信じられないことに、語りをしながらだったのでこういう劇の見せ方もあるんだと学びました。3人1組での劇はリズム感とスピード感が一体化していて、見ていて飽きなかった。(M・H君)