100問テスト実施②

前回の漢字100問テストに続き、英単語100問テストを実施しました。

今回は、3年生5名、2年生2名が満点(100点)でした。1年生にとっては、初めての英単語100問テストでしたが、最高点が99点と健闘してくれました。また、(3学年)全体の平均点は81.3点でした。

気温も上がりジメジメ暑い季節になってきましたが、特進選抜3クラスは、今週金曜日からはじまる定期考査にむけて頑張っています。

3年生は進路について、先生や友達とあれこれ話をする姿も多く見られるようになってきました。納得するまでしっかり調べ、わからないことはどんどん相談して、進路を決めていって下さい☺

次回の100問テストは、7月に実施予定です。次回も100点めざして頑張ろう!

100問テスト実施

「漢字100問テスト」実施

特進選抜コースでは、1~3年生が同一の100問テストに取り組んでいます。

結果はコース朝礼で発表する予定です。そして、来週は「英単語100問テスト」を行います。3年生は1・2年生に負けないように、1・2年生は先輩を追い越すつもりで頑張ってください!

また、今週は1・2年生の模試、来週は3年生の模試があります。そして5月末には前期第1回定期考査があります。予定をきちんと確認し、こつこつ努力していこう!

 

オンライン英会話接続テスト

オンライン英会話・接続テストを実施しました。

1日目はパソコン室で、2日目はEルームでタブレットを使って行いました。

マンツーマンの英会話に、はじめは緊張していたようですが真剣に楽しく取り組めていました。

新年度START ~特進選抜コース対面式~

4月6日の入学式で新入生を迎え、平成31年度の特進選抜コースがスタートしました。特進選抜コースでは、100問テスト(英単語・漢字)や勉強合宿・スポーツ大会など、1年を通して1~3年生まで一緒に取り組む行事がたくさんあります。そこで、学年をこえて交流を深めるため「特進選抜コース対面式」を行いました。

1年生にとって先輩からのアドバイスは貴重なものですが、2・3年生にとっても良い刺激になると思います。希望の進路にむけて、切磋琢磨しながら充実した学校生活をおくってほしいと思います。

英語 Online Speaking Traininng 接続テスト

来年度から始まる、「 Online Speaking Traininng」の 接続テストに参加しました!

これに備え、放課後講習では急遽担当の先生が対策会話特集を組んでくださり、ドキドキしながら、学生では初めてE-roomに足を踏み入れました。

このようなチャレンジに読んでいただけるのも、特進選抜コースならではのチャンスですね。

写真は学校のインフォメーションでの記事にたくさんあります!

フィリピンのネイティブスピーカーの方とマンツーマンで!

タブレットを通してオンラインで! 会話しています。

2年生は海外研修旅行を終えていたこともあり、相手に文章で話しかけたり、相手の話に声を出して笑うなど、簡単ながらも会話が成立していたのが印象的でした。

1年生は何度も聞き返したり、単語で答えてしまうなどのたどたどしいところもありましたが、なんとか30分話終えました。

終わった後、「ハンバーガーは通じるのに、ハンバーグは何で通じないの!?」「嵐も、ジャニーズも分かってもらえなかった!ジャパニーズアイドルグループで分かってもらえた!」「松田聖子が好きだって!」「抹茶が好きで盛り上がった!」などなど、授業では気づくことの難しい文化の違い、気持ちを伝えるためにいろいろな言い方を試すこと、なにより英語は言語で、会話するためのものであるという大きな気づきを、たったの30分でありながら得ることが出来ました。

次の英語の授業はまた違った気持ちで受けることが出来るのではないでしょうか。

【以下生徒感想】

始まるまではとても怖かったけど、思っていたより楽しめました!最初は分からなくてパニックになったけれど、慣れてきたら会話できるようになりました。(K.Tさん)

どうしようと思ってたけど、向こうの方もゆっくりめに話してくれて普通に会話できました。話せないだろうと思ってたけど、案外英語の文を作ってしゃべることが出来て、自分の英語力にも自信がつきました。(M.Kさん)

すごく緊張したけど楽しかった。自分が言いたいこと相手が聞いていることが、分かるとき分からないときがあった。自分の言いたいことをまとめて文にできなかったり、単語も思いつかないこともあって、もっと英語力をつけたいと思った。(S.Mさん)

漢字検定

昨年11月、漢字検定に特進選抜コースの1年2年が挑戦しました。

2年生の前久保駿也君がみごと!漢字検定2級に合格しました!!

彼は1年生のときから、担当教員から出される漢字課題を毎日しっかりコツコツと解きすすめてきました。その成果が実った形になります。

漢字が書けると言うことは、入試に有利になるだけでなく、就職試験、社会人になっても生涯使えるスキルです。その頑張りが、一生彼を助けてくれることでしょう。おめでとうございます。

また、同じく2年の丈六彩恵さんが準2級に!

1年生はクラスの約半数が3級に合格しました!!

1年生は3点差、5点差で落ちた子もいて1点の大事さ、「受験」は1点で落ちるんだという、厳しさを学びました。

言語活動            (Language Activity)

先週の月曜日から特進選抜コースは冬期集中講座が始まっています。

クリスマスの今日は特別に、3学年合同で言語活動の授業を行いました。

今日のテーマは、グループディスカッションと主権者教育です。

最近話題のNHK『昔話法廷』を使って、

①法廷でのやりとりを多面的多角的に考察し、公平・公正に判断すること。

②根拠を明確にして自分の意見を適切に表現するとともに、他者の意見をよく聞いて、それに対する質問や反論を述べること。

に取り組みました。

少し見にくいのですが、法廷の被告人は「赤ずきん」です。彼女は有罪かそれとも心神喪失で無罪か。をグループで話し合いました。

就職試験でおなじみのグループディスカッションですが、最近は大学入試においても取り入れられ始めています。また、プレデンテーションを課す大学も増えてきています。答えのない状況下で自分の考えをいかにわかりやすく、論理的に伝える力が求められる時代になってきています。

 

以下感想

今日の授業を受けて、すごく難しいなと思いました。話あっていろいろな意見が出て、自分と思っていたことと違う意見がいっぱい出てなるほどと思いました。みんなの意見を聞いて自分の意見と照らし合わせて考えることはすごく難しいけど大事なことだと思いました。あまり、自分の意見がちゃんと言えなかったからもっと自分の意見をしっかり持とうと思いました。(1年A.Nさん)

ディスカッションを終えて、自分の意見をもっと詳しく話せたらもっと良いと思った。全体的に自分の意見を話すことが出来た人はほとんどだが、その意見に対する反論、質問が少なかったと思った。今回の昔話法廷を見終えて、初めの方は39条(心神喪失)の力が強すぎて無罪確定と思われたが、おばあさんの意見や証拠から有罪ではないかと怪しく思えてきた。裁判官は人を裁く上でしっかりとした証拠などを見聞きしなければいけないと実感した。(2年K.Hくん)

今回のディスカッションで本当にどちらの意見も悩ましいなと思いました。これが本当の裁判だと本当に難しく、悩ましいと思います。それに自分の意見を伝える難しさというのも感じました。自分は今回、司会という立場でやっていましたが、みんなの意見をまとめる難しさ、そして自分の意見がやはり勝ってしまうので、「項じゃないの?」と反対側の意見に振るのも難しかったです。(2年A.Mさん)

 

 

スポーツ大会

コース内の親交を深める行事、スポーツ大会(2回目)が行われました。

今回の種目はバドミントンです。

4つのコートに分かれて総当たり戦を行いました。

時間が足りず、総当たりとはなりませんでしたが、

コートの外でも羽を付き合って楽しそうにしていたのが印象的でした。

女子はかわいいバドミントンでしたが、

男子は緩急の打ち分けやジャンプからのスマッシュなど躍動感たっぷりでした!

入試説明会

入試説明会において、学校の様々な取り組みが紹介されています。

わが特進選抜コースも、説明会会場を設置しています。

写真や説明をご覧いただいたり、コース長にご質問いただくこともできます。

次回は12月9日(日)に開催致します。

お気軽にお訪ねください。4階ガチャガチャ前です。