令和2年度 初の公式戦!

コロナ禍の中での今年度初めての公式戦:大阪高校なぎなた総合体育大会が、堺市初芝体育館にて行われました。

感染予防対策を徹底したうえでの開催となり、マスク着用での実施となりました。その結果、防具の試合は個人のベスト8以外は全て2分判定となりました。

我ら精華の1年生にとってもデビュー戦です。何もかもが初体験です。実は団体戦もエントリーしていましたが、この状況の中、経験を積ます目的で参加するのは考え物だと顧問会議で辞退を決めました。その分、個人戦で大いに頑張って短い期間に培った技を出し切る!心に秘めて出場しました。

試合結果

3年 部長 村上(男子個人の部) 2位

2年 次期部長 林田(女子個人の部) 他校3年生に検討するも一本を取られて敗退

1年 中嶋(女子個人の部) デビュー戦で1回戦、判定3:0で突破!

1年 大川(女子個人の部) デビュー戦で1回戦、他校上級生に検討するも敗退

演技競技

経験させるために、1年生チームで臨みました。1本目・2本目とまずまずの出来でした。少し各本数のつなぎが早くなっていくのが気にはなっていましたが、ついに3本目の胴打ちを、打ちきらない、受けきれないが重なり外してしまいました。慌てた二人は心の動揺が収まらないうちに、払いの後の振りかえし面も外してしまいます。ここで万事休す。結果は明白です。0:5にて敗退。

一つのミスが、次のミスにつながる。1年生2人にとってほろ苦い演技デビューになりましたが、得たものは計り知れないと思います。この悔しさが、きっと更なる精進につながることと期待する顧問でした。  文責 北川

突如の休校にて精華杯中止!

なななんと・・・ 本校生徒・職員の中についにコロナ感染者が出てしまいました。個人情報につきこれ以上は発表できません。

学校として5日~7日までの3日間、休校措置になりました。残念ですが、7日の精華杯は中止といたします。わざわざ予定をあけてくれていたOB、OGの皆さんごめんなさい。また、機会を見つけて実施しますので今しばらくお待ちください。

令和2年度 部員紹介

 

ブログをご覧の皆様、お待たせいたしました。今年もよろしくお願いいたします。

ブログ1

先ずは3年生から

burogu2

3年は男子のみです。右は主将の村上です。春の選抜大会が無くなり悔しい思いをしました。

次は2年生

burogu3

二人ともマスク姿でごめんなさい。昨今のコロナ事情で「とりなさい!」とも言えません。左はマネージャーの井上です。よろしく!

ついに新入生の1年生

burogu4

ピカピカの1年生です。中嶋、大川の1年生コンビ。仲良し二人組、頭もよくて文武両道です。これからが楽しみ~!!

実は、本当は全員ではありません。3年男子がもう1名。個人の事情で今、参加できていません。また、活動始めたら紹介していきます。

追伸 8月7日(金) 校内精華杯を開催いたします!

11時から練習開始。12時から精華杯を行います。 OB、OGの方々、見学、出場はどちらでも構いませんので、是非、舞台に集合あれ!

 

 

令和2年度 活動再開しました!

お待たせいたしました。本日、定期考査が無事終了いたしました。

本来ならばとっくの昔にアップしているはずのブログがついに本日スタートです。コロナに振り回されるスタートです。

本日は、先ずはご挨拶まで。ニュー精華!ちょっと紹介です。

ブログ1

あれ~ 何やら女子が増えてるような!? その答えは・・・次回のアップをお楽しみに~!

緊急報告! 全国選抜大会が・・・!

昨今のコロナウイルスの感染状況を踏まえて、全国高体連の決定により、新主将が出場予定でありました全国高等学校なぎなた選抜大会が中止になりました。

新主将の村上公豪(2年)が、大阪府予選を勝ち上がり、大阪府代表として3月21日~22日 兵庫県伊丹市で開催される予定の選抜大会に向け、準備してきました。新主将にとっても初の全国大会でした。ワンランク上のステージで自分の力がどれくらい通用するかを試したかったので、本当に残念です。

決定したことを悔やんでも始まりません。精華は常に前を向きます。こうなったら夏の(幸村杯)全国高等学校男子なぎなた選手権大会に、大阪代表として絶対出場するぞ!と、頭を切り替えています。くそ~コロナめ~(おっと、引きずっているのは顧問だった)

令和元年は、よもやの形で終了となりました。残された3名の部員の活躍を暖かく見守ってやってください。これにて令和元年度精華高校なぎなた部の活動記録を終了いたします。令和2年度も、なぎなた部の活動をブログにてご覧ください。4月中旬スタートします!

令和元年度 3年生旅立ち

令和2年2月21日(金)快晴の春の日差しの中、精華高校卒業式が挙行されました。

3年生3名が学び舎を後にして旅立ちの日を迎えました。

卒業式1

相変わらずの北田! どこ見とんねん!でも彼は偉かった。3年間皆勤で学業を修めた。

卒業式2

主将蛭田! お前は偉かった。1年の初め、一人で練習していたのを昨日の事のように思い出される。

副主将伊藤! 蛭田を支え、蛭田を目標にひた向きに練習した。ここに至っては、演技も防具も肩を並べるに至った。演技は正直お前が上!

卒業式3

卒業生3年生諸君! 本当によく頑張りました。卒業にあたり、なぎなた部オリジナル卒業証書を授与しよう! 君たち3人はなぎなた部の伝統を受け継ぐ者として、決して恥ずかしくない部員であったことを証明いたします。なぎなたという種目を通じて培った人間力をこれからの人生に大いに活かしてもらいたい。

応援旗「明楽元気」である。 「明るく・楽しく・元気よく」人生の大海原に帆を立てよ。卒業生に栄光あれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年度 精華杯 3年生は強かった!

令和2年1月17日(金) 3年生最後の練習日に精華杯を開催しました。あいにくのウイークデーですので卒業生も来れないだろうなと諦めていましたが、そこは精華の絆の深さ!忙しい中、大学生、社会人の先輩も駆けつけてくれました。仕事でいけませんと連絡してきてくれた先輩諸氏、本当にありがとう!

精華杯1

大会前の練習風景、3年生最後の日もいつものように舞台の上で、いつもの練習。

精華杯2

OB、OGには懐かしい練習風景ですね。まあこんな悪条件でようやってるよほんとに! 中央奥に卒業生の宮本迅が目を光らせている。

精華杯3

さあ~! いよいよ精華杯の始まりです。優勝カップ獲得を目指して全員奮起せよ!

精華杯4

今年の優勝者は、3年副主将の伊藤俊貴でした!卒業生宮下力が授与しています。

精華杯5

決勝戦は、3年生対決! 主将蛭田と副主将伊藤の真っ向勝負となりました。3年間共に切磋琢磨して頑張ってきただけに一進一退の見ごたえのある攻防を繰り返し、ついに伊藤が一本取り決着をつけました。

本日の結果

個人戦 優勝 伊藤俊樹

2位 蛭田優斗

3位 北田智之

演技競技 優勝 蛭田・伊藤組

2位 安田・北田組

3位 林田・村上組

精華杯6

前列、3年生はやはり強かった。たとえ練習環境は劣悪でも、努力と練習は裏切らない。日々、努力した3年生は本当によく頑張りました。後輩は彼らの後姿をしっかり見つめて続いてほしい。顧問の素直な感想でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第15回 全国選抜大会大阪府代表に!

先ずは、お詫びから。 久しぶりのブログアップです。記事が無かったという事もありますが、完全に顧問の怠慢です。すみません。見ていただいた方々、「なんや、替わってないやん!」と思われたことでしょう。なんせ、顧問いまだ、一人なもので・・・・また、言い訳しております。

令和2年1月12日(日)

関西福祉科学大学高等学校において、今年度の選抜大会大阪府予選会が開催されました。新チームになってからのチーム事情はあまり良いとは言えず、不安要素を抱えた大会になってしまいました。

体調を崩す者や、家庭事情で練習不足の者など少ない人数なのに全員そろって練習が、なかなかできない状況でした。

顧問の心配とは逆に、当日は保護者の協力もあって、3名とも自分の持てる力を出し切ったと思います。

2年新主将 村上公豪 2位通過で大阪府代表に選出されました。

2年副主将 保田待滋 久しぶりの試合復帰、持てる力は出し切りました。

1年    林田七香 1年間コツコツ練習してきた努力が、試合に十分発揮されていました。

ここで、またお詫び。記録写真動画ばかりでアップ用がありません。すみません。謝ってばっかりです。

 

 

私学大会 上位独占!

9月8日(日)堺市立美原体育館にて

夏休みが終わり、新学期がスタートしました。各チームは夏を乗り越えて自分たちの力を確かめる最初の試合となります。結果がすべてではありませんが、悪いよりは良いほうがいいです。それでは男子の個人戦から報告いたします。

私学1北田

東大谷の選手と対戦しているのは本校生の北田(赤)です。持ち替えて側面を打っています。上体が前かがみなのがもったいないです。攻めていたのに相手の的確な打ちに判定負けでした。

私学2村上

3位決定戦に勝ち上がってきた東大谷の選手と本校生村上の一戦。手前(赤)村上のスネが決まった瞬間。おいおい、後ろ脚浮いてるぞ~!タイミングだけで取っていただきました。

私学3蛭田・伊藤

共に他校生、後輩を抑えて上がってきたのはさすがの3年本校生、部長と副部長。決勝戦は白の伊藤と赤の蛭田です。共に手の内は知り尽くした仲、一本取るのは難しそうだ!

私学4蛭田

やっぱり先手必勝で出ていくのは蛭田、満を持して受けて立つのは伊藤。まさにしのぎを削る対戦になった。

私学5蛭田

おっと、蛭田のスネ当てが壊れるアクシデント。竹が一本外れかけた。黒テープで応急処理。

私学6蛭田

アクシデントの後も、精神的に成長した蛭田が最後まで安定した攻防を展開したので判定にて勝利した。

その他、団体トーナメントでは精華高校Aチームが3位に食い込みました。次鋒の1年生林田を3年生北田・蛭田がバックアップ、チームワークの勝利です。

私学7

なんと、参加者全員が賞状をいただくという、とんでもない結果となりました。夏に頑張ってきたご褒美でしょうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年 幸村杯 第4回全国高校生男子なぎなた選手権大会

8月25日(日) 和歌山県九度山町 九度山文化スポーツセンターにて第4回全国高等学校男子なぎなた選手権大会が、開催されました。 本校からは、部長の蛭田が大阪府代表として参加しました。

幸村杯1幸村杯2

男子高校生にとって、春は選抜、夏は幸村杯と二大大会に出場できることを目標に、全国各地より選手が集います。

さあ、蛭田の試合が始まりました。右の赤が蛭田です。蛭田ファイト!

幸村杯4

あれ?監督おらんがな! そうなんです。同時進行で同じく第2コート、大阪代表の選手が初出場だったので北川そちらについておりました。

幸村杯5

よっしゃ行け~! 赤の蛭田が一歩早く出ています。気持ちは負けてないで~!

幸村杯6

前半は、両者互角の戦い。初太刀の打ちは圧倒的に優斗のほうが多い。 ようやく監督登場です。

幸村杯7

監督の目か見て、ちょっと気になりだしたことがある。それは、打った後の姿勢が悪い。体勢が崩れだした!? 足が踏ん張れていなくなってきた。時間を追うごとにひどくなる。まさかの体力不足?

幸村杯8

ありゃ~!? せっかく常に前に出て攻めているのにどうした優斗!攻め込んだ後、まったく踏ん張れていないぞ?体勢崩れすぎやろ!?

監督の不安は、よく当たるものです。このまま判定になれば審判の印象は悪すぎる・・・・  ここでタイムアップ! 判定に・・・

後日談ならぬ、試合直後談。「どうした?」と聞くと、試合前日に家で足を怪我、監督にも黙ってシップ巻いていた。そら言われへんわな~。言い訳にもならんし・・・・

フィジカル・メンタル・テクニックどれ1つ欠けても上の大会では勝てません。一つまた、大切な勉強をさせていただきました。9月の私学大会に向け前を向きたいと思います。