月別アーカイブ: 2020年3月

緊急報告! 全国選抜大会が・・・!

昨今のコロナウイルスの感染状況を踏まえて、全国高体連の決定により、新主将が出場予定でありました全国高等学校なぎなた選抜大会が中止になりました。

新主将の村上公豪(2年)が、大阪府予選を勝ち上がり、大阪府代表として3月21日~22日 兵庫県伊丹市で開催される予定の選抜大会に向け、準備してきました。新主将にとっても初の全国大会でした。ワンランク上のステージで自分の力がどれくらい通用するかを試したかったので、本当に残念です。

決定したことを悔やんでも始まりません。精華は常に前を向きます。こうなったら夏の(幸村杯)全国高等学校男子なぎなた選手権大会に、大阪代表として絶対出場するぞ!と、頭を切り替えています。くそ~コロナめ~(おっと、引きずっているのは顧問だった)

令和元年は、よもやの形で終了となりました。残された3名の部員の活躍を暖かく見守ってやってください。これにて令和元年度精華高校なぎなた部の活動記録を終了いたします。令和2年度も、なぎなた部の活動をブログにてご覧ください。4月中旬スタートします!

令和元年度 3年生旅立ち

令和2年2月21日(金)快晴の春の日差しの中、精華高校卒業式が挙行されました。

3年生3名が学び舎を後にして旅立ちの日を迎えました。

卒業式1

相変わらずの北田! どこ見とんねん!でも彼は偉かった。3年間皆勤で学業を修めた。

卒業式2

主将蛭田! お前は偉かった。1年の初め、一人で練習していたのを昨日の事のように思い出される。

副主将伊藤! 蛭田を支え、蛭田を目標にひた向きに練習した。ここに至っては、演技も防具も肩を並べるに至った。演技は正直お前が上!

卒業式3

卒業生3年生諸君! 本当によく頑張りました。卒業にあたり、なぎなた部オリジナル卒業証書を授与しよう! 君たち3人はなぎなた部の伝統を受け継ぐ者として、決して恥ずかしくない部員であったことを証明いたします。なぎなたという種目を通じて培った人間力をこれからの人生に大いに活かしてもらいたい。

応援旗「明楽元気」である。 「明るく・楽しく・元気よく」人生の大海原に帆を立てよ。卒業生に栄光あれ!