月別アーカイブ: 2019年3月

第14回全国高等学校なぎなた選抜大会 報告!

今年度最後を締めくくる選抜大会に行ってきました。

3月23日(土)・24日(日)の2日間、なぎなたの聖地兵庫県伊丹市(伊丹スポーツセンター体育館)にて熱い戦いが展開されました!

本校からは大阪代表として主将、蛭田優斗が出場しました。

選抜1

出発前に学校の校舎に公務員さんが設置してくれた垂れ幕の前で決意を新たにいざ出陣じゃ~!

選抜2

今年もやってきました聖地伊丹。昨年度共に戦った副主将伊藤の分まで頑張らねば。そして男子の練習会で指導いただいた先生方や、他の部員の思いまで全部切先に詰め込め!

選抜3

いよいよ全国から選手が集結。緊張の中、開会式が始まった。ピンと張りつめた緊張感がたまらね~。おっと、監督が緊張しても始まらね~が・・・ なじみの監督さんに会うたびに「足どうしたの?」と情けない松葉杖姿をご披露しながらの引率となった。

選抜4

大阪府の男子代表2名は、精華と豊中高校の2名です。なんと共に男子個人戦第1.第2コートのそれぞれ第1試合だった。

本校、蛭田優斗は第1コート第1試合で千葉県市川東高校の選手と対戦。緊張からか全く動きが硬く、おまけに声も出ていない状況の中、決定打がなく時間だけが経過していきました。とうとう延長判定となり、2対1の僅差で辛くも勝利をつかみました。正直、監督としては負けてもおかしくない展開でした。

2回戦の相手は、宮崎県代表、宮崎南高校の選手です。こちらの学校は、女子は7年連続インターハイ出場の超強豪校。これが逆に功を奏して開き直れた感じでした。吹っ切れた感じで、ガンガンせめてあっという間に延長までの5分間が過ぎました。こちらは3対0で判定は旗3本が上がりました。昨年に続き2回戦を突破し、24日(日)の3回戦にコマを進めることができました。

選抜5

大会2日目ここまで来たら、なぎなたを楽しもう! うちの合言葉、「明るく、楽しく、元気よく」この精神で恐れることなく前へ出て勝負!

選抜6

3回戦は、和歌山県桐蔭高校の選手と対戦。第1コート、向かって右が蛭田の試合。果敢に前に出て攻めたところを脛を決められ白旗が上がっています。この後、面も取られて敗退しましたが、監督から見ていてこの試合が一番いい戦い方だったように思います。持ち替えてどんどん相手に立ち向かう、精華高校の伝統「前で勝負」を実践してくれました。負けましたが、監督としては満足な試合をしてくれたので納得の敗退です。ちなみにこの対戦相手は、3位入賞でした。優勝候補の一角だったと思います。

  蛭田優斗 全国選抜大会 男子個人 ベスト16

2年連続、選抜大会出場、昨年ベスト8、本年ベスト16という結果を残しました。大阪堺の素人集団でも雑草魂さえあればエリート集団に一矢報いることができることを証明してくれました。平成30年度のブログは、これにて終了いたします。4月から新入部員が一人でも多く入部してくれることを夢見て本日は終了いたします。最後まで見ていただいた皆様、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オール大阪で合同練習実施

3月17日(日) 本校第2研修館にて男子合同練習会を開催しました。高校生は、本校2年生3名、豊中高校2年生1名の4名です。生徒を指導するのに、大阪なぎなた連盟より平田力義先生、星翔高校教員小島先生、本校卒業生奈良大学3回生宮下、口だけ参加の私、計8名でした。

今回の練習会の趣旨は、1週間後にせまった、全国高等学校なぎなた選抜大会の大阪代表の選手をチーム大阪で指導しようということです。

1

真ん中のジャージ3名が本校の2年トリオ。1年生も居るのですが、今回は欠席です。男子一人で頑張っている豊中高校の小島君は練習場所を求めて、こんな田舎まで来てくれました。全員でバックアップするぞ!

2

先ずは基本打ち。基本の大切さを徹底的に指導していただいた。

3

生徒1人に先生4人。なんと贅沢な話じゃ。

4

平田先生の細やかな指導が入る。マンツーマンで徹底的に指導してもらった。

6

後半は全員で試合稽古。どんどん先生方に練習を付けてもらいました。代表の2名もかなりレベルアップできている。だいぶと仕上がってきたかな!? それぞれの持ち味を出して自分たちのなぎなたを出し切ってほしいです。

7

ちょっと、ちょっと。マイペースなんだから。こんな感じでワイワイやりました。協力いただいた卒業生、先生方、ありがとうございました。 指導いただいたことを少しでも本番で実践していきたいと思います。